ひびのきろくです。 since 2011.7.8
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 居ても立ってもいられなくなる。 | main | ポヌロック >>
スローな空気が流れる。
それは不思議な響き。
パッパライライ。
スウェーデン語で「パパのおかげ」という意味だという。
一度聞いたら、なぜだか忘れられない。

古民家を改装したカフェ『パッパライライ』さん。


天神から警固四つ角を抜け、六本松・西新方面にのびるけやき通り。
その一本裏の路地にある。

店に入ると、吹き抜けがあり、
2階にはギャラリーを兼ねた席も。
コンクリート打ちっぱなしの床や壁、
その中に木の温もりがある。
席間は広くとられ、スローな空気が流れる。
庭には四季折々の花が咲く。
料理を待つ時間が楽しく、
それさえもごちそうに感じる。


手作りのパン、自家焙煎のコーヒーが自慢の店だ。
写真はクロックマダム。
とろとろの玉子が、チーズのコクをふわりと包み込む。
頬張れば、ふんわりとやわらか。
カリッと焼き上がったチーズのお焦げの食感が心地いい。

さあ、食後のコーヒーが待っている。


#パッパライライ/クロックマダム

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://samo1-2-3.jugem.jp/trackback/69
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ