ひびのきろくです。 since 2011.7.8
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ストール・ストール | main | スローな空気が流れる。 >>
居ても立ってもいられなくなる。

日本で唯一。
その響きがかっこいい。
まさに粋、うなぎ料理専門「屋台 あやこ」。

“方言”が集まる店だ。
標準語、関西弁、博多弁、筑後弁、広島弁・・・
全国にファンを持つ屋台で、
飛行機、新幹線、さまざまな方法でこの屋台を目指してお客がやって来る。
女将さんのざっくばらんとした人柄に惹かれ、
足繁く通う方々もまた気さくで、気取ってない。
あたたかい一体感があり、こちらも自然と元気に。
そんな屋台の醍醐味が体感できる。

簡単には暖簾をくぐらせてもらえない。
要予約の屋台のため、予約がなければ当然、営業もしない。
一週間のうち、営業している日のほうが少ない。
そして基本的には一見さんはお断り。
たまたま開いているからといって、
予約をしていない際は入店できないこともある。
ツンケンしているわけでも、敷居が高いわけでもない。
人数分のうなぎしか用意しないため、
食べるものがないだ。


うなぎは国産のみ。主に宮崎のものを使う。
ポン酢でいただく白焼きを除き、
創業50余年という歴史によって円熟した秘伝のタレで仕上げられる。
辺りに広がる香ばしい薫り・・・。
うっとりするような甘い匂いにほのかに焦げた香りが加わり、
居ても立ってもいられなくなる。

頬張ればふわりとやわらかく、
上質な寿司のシャリのようにほどける。
喉の奥に通り、鼻を抜けるウナギの香。
幸せの最高潮。
写真の蒲焼き(1匹2500円)を注文するとご飯の無料サービスもあり。
タレまで余すところ無く堪能したい。

夜風が心地よい秋。
うなぎ屋台でほろ酔いはいかが。


#屋台 あやこ/うなぎの蒲焼き
福岡県久留米市日吉町15-52 三井住友銀行・久留米支店前
090-3327-1160


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://samo1-2-3.jugem.jp/trackback/70
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ