ひびのきろくです。 since 2011.7.8
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ねばり腰


肌で感じるよりも、
目に見える景色のほうがずっと秋めいている。


なかなか涼しくならんですね。
残暑のねばり腰。

夏、閉幕。
 

毎年恒例になっているsunsetliveへ。
最後、ちょっと雨が降ったけど、
いろいろ迷ったけど、
やっぱり行ってよかった。

ベストアクトは、、、奇妙礼太郎氏!
屋外での礼太郎さん、もー、ね。
チャーミング。
ソウルフル。
そして、ハッピー。
楽しそうにしすぎてて、
それがすっごく良かった。



2011年の夏、閉幕。
今年も参加。

今年もsunset liveがはじまります。
写真は昨年の風景です。

奇妙さんをお目当てに、
4日(sun)に参加いたします。

楽しみだあ。・・・ビールが。笑

そう、音楽もそうだけど、
美味いビールがそこにあるんですよねえ。
マックスで8杯。
今年は何杯飲むのやら。

   >>>sunset live 2011の情報はコチラから。
行っちゃいたい。
大好きなインテリア・雑貨のshop/organさん。
ブログに素敵な情報がupされておりました。

9.8 「小柳帝の音楽夜話」
21:00〜 チャージ500円

ずっぽり、イギリス尽くし。
あー、最近、すごくイギリスが気分なので、
惹かれまくりです。

久留米取材、早く終わったら駆けつけたい。


#organ/小柳帝の音楽夜話
中華、団欒

料理から伝わってくるのは、
店主の人柄と、確かな技だった。

舞鶴にお気に入りの中華料理店がある。
「餃子 中国酒菜 胡坊(こぼう)」を切り盛りするのは、
福岡きっての中華の名店・福新樓で腕を磨いた店主だ。
ご夫婦で営んでおり、木をふんだんに伝ったあたたかみのある店内は、
そこはかとないやさしさに溢れている。

名物は春餅・鶏包みという料理だ。
北京ダックのように、生地に具材を包んで食べる。
春餅とは小麦粉と塩で作ったシンプルな生地で、
驚くほど薄くのばしてある。
その薄さからは想像できないほどもっちりとした食感があり、
鶏肉を包んだ表紙にやぶけることもない。
店主曰く「何度も練って、引きを出しています」とのこと。
甘辛く味付けされた鶏肉とあわせるのは、
白髪ネギと自家製の中華味噌だ。
鶏肉のジューシーな旨味、中華味噌がもたらす豊かなコクと甘み、
ネギのすっきりとした辛味が一丸となって舌を喜ばせてくれる。

カシューナッツの飴揚げは、
やさしい甘みとカリッとした食感がクセになる一品。
紹興酒とも相性抜群だ。
一度食べ出すとついつい手がとまらなくなる魔性の料理でもある。

ランチで提供する皿うどんも絶品。
ぜひ一度足を運んでみてほしい。

#餃子 中国酒菜 胡坊
住所 福岡市中央区舞鶴2の7の1ライオンズマンション舞鶴第3 1階
電話 092-713-1055

きみはぼくのともだち
まだ、あの興奮が続いている。
久留米で酔いしれたハナレグミ。
     >>>その時の日記はコチラからチェック!
今年の、というか、ここ数年でのベストライブ。

その時、この曲を聴いた。
http://www.youtube.com/watch?v=p9BTypqhu5U

CD未収録で、
DVDでしか聴け(見れ)なかった名曲「きみはぼくのともだち」。
もうね、泣くしかないってくらい、シビレる。

また聴きたいなあと、思っていたら、
8月27日からiTune storeで配信されていました!!
このタイミング、スゴい!
新譜にも収録されるのかなあ。

(追記:新譜「オアシス」に収録されるみたいですね!ま、いいか!)

で、早速買いました。
聴きました。
頭がぼーっとなってます。



#ハナレグミ/きみはぼくのともだち
燃えないわけがない。
 


ずっと前からいいなあ、いつか書いてみたいな、
と思っていた「プリーズ」。
9月号に原稿を書かせていただきました!
P10-13/ジョイフルスポットです。

しかも、大好きな街・鹿児島市が舞台。
さらに、自分の関心ある文学&アートがテーマ。
そして、男ながらにその生き方に憧れる向田邦子さんを描く。
燃えないわけがありません。

地球の歩き方など、
昨年くらいから仕事で鹿児島に行くことが多く、
行くたびにその魅力は増し、
プライベートでもたびたび足を運んでいました。
アートの森、しょうぶ学園で感性を磨き、
霧島の温泉での〜んびりくつろぎ、
鹿児島が誇る絶品グルメに酔いしれる。

今回の仕事を通して、
さらに鹿児島への愛は深まりました。
秋、また鹿児島の地を満喫したいな。


#プリーズ 2011.9

あの日を増やそう。
前日の日記の続き?です。


2008年8月27日。
ちょうど3年前の今ごろ、
僕は「あの日」についての文章を書いていた。

「あの日」を増やそう。
これは敬愛するカメラマン・テラウチマサトさんの言葉です。 

あの日とは何か。
それは「あの日」という言葉を聞くだけで、
「ああ、あの日ね!」って自然と思い出される1日のこと。

世界中の国々、
そこで暮らす人々が
「あの日」を持っています。 
テラウチさんの著書の中では、 
アメリカ国民にとってはアポロ11号が月に到着した日、 
イギリス国民にとって、それはダイアナ妃が亡くなった日かもしれない、 
と綴られています。 

その時の情景がぱっと頭に蘇る。 
忘れられない一日。
それが「あの日」です。 

「あの日」は必ずしも国民皆が共有するような
歴史的な一日でなくてもいい。 
はじめて告白した「あの日」、 
父親を尊敬の眼差しで見た「あの日」、
 はじめて車を買った「あの日」、
笑えるくらい土砂降りにあった「あの日」・・・

たとえ自分だけの小さな「あの日」でも、
その場にいた人にしか伝わらない「あの日」でも、
1つでも多いほうがいい、と僕は思う。

3年前の僕は、
そんな「あの日」がなんか良いな、 
こつこつと集めていきたいな、って思ってた。


tonightは、1回目から、今回まで、
ずーっと「あの日」です。

aniさんが「4年の集大成」と言っていたが、
僕も本当にそう感じた。
誰に頼まれるわけでもなく、
自分が好きな音楽に日々触れ合ってて。
そんな似た者同士が集まって、
流れる時間を共有する。
かけがえのない時間。

自分にとっての「あの日」が
一緒にいた人たちにとっても「あの日」になれば、
これほど嬉しいことはない。
なんて思うわけです。

tonight、満喫しました。

8月26日が終わりました。
昨晩は半期に一度のDJイベント「tonight」。
結果から言うと、なんと50名以上の方にお越しいただき、
とーっても盛り上がりました。

まずはaniさん、Taijiくんに感謝。
ゲストのkentaさん、Rehouseさんに感謝。
Vjさん、QUEの店長さんにも感謝。
そして、遊びに来てくれたみなさんに感謝!
とにかく、感謝!!

今回は大きなミスもなく(1回ちょっと強引なつなぎがありましたが。。)
心から楽しくプレイできました。
ちょっと夏っぽい曲を意識し、
ゆるめにスタート。

最近お気に入りのJamie xxから
Round Table Knights に続く流れで入り、
何曲かはさんで昨年に引き続きDorian/shooting starへ。
好きな曲ばっかり流せて気持ちよかった!

やっぱり体揺らしてもらえると嬉しいなあ。
カイカンってやつです。


好評だったjamie xxの曲、
コチラで視聴できます。
ぜひ聴いてみてください!

サイクリング
自転車ナビタイムって知ってます??
自転車乗りに嬉しいiPhoneアプリを見つけちゃいました。
   >>>詳細はコチラをチェック!

ルート検索機能が多彩で、
・距離が短い
・坂道が少ない
・坂道が多い
・大通り優先
・裏通り優先
の5種類があります。
これらの中から、
その日の気分にぴったりなルートが選択できるのです。

スポーツの秋近し。
気ままなサイクリングに出掛けようと思いまーす。
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ